未分類

  1. 建設業許可の申請

    建設業許可の申請は、めんどうではありませんか?この記事をお読みになると、建設業許可の申請書の書き方や必要な書類、手続き方法など建設業許可のことがわかります。

    続きを読む
  2. 測量の費用を安くおさえたいと思いませんか?

    測量の費用を安くおさえたいと思いませんか?簡易測量とは家や建物を新築、建築するときに銀行などの金融機関から融資を受ける(お金を借りる)ためにまた、建築設計のために敷地の面積や前面道路や隣接道路の幅員、敷地の高低差を教えてほしいと求められることがあります。

    続きを読む
  3. 土地家屋調査士の役割

    登記の大切さ建物の登記は、新築や増築、解体工事等をした際に1か月以内に申請する義務がありますが、現実には、未登記のまま放置されている例が少なくありません。

    続きを読む
  4. 簡易測量とは

    簡易測量とは簡易測量とは、現地に既に埋設されている境界杭や境界線と思われる構造物(道路側溝、ブロック塀等)などを測量して隣接地の所有者と境界確認を行わないで、土地の面積を出す測量です。現地の形状をありのまま測量して、土地の形状を図面にします。

    続きを読む
  5. 換地の境界

    換地において、杭が埋設されているからといって、現況が正しいと決めつけていませんか?換地とは換地とは、土地を交換すること、または、交換する土地のことをいいます。

    続きを読む
  6. 筆界の確認

    筆界の確認は、基礎測量またはこれに類する測量の成果を基礎として次の各号により行います。筆界の確認筆界の確認は、基礎測量またはこれに類する測量の成果を基礎として次の各号により行います。 既存の地積測量図。

    続きを読む
  7. 合筆

    どんな場合に土地を合筆するのでしょうか?この記事をお読みになると合筆についてわかります。土地の合筆登記申請は、土地家屋調査士が行います。合筆とは合筆とは、隣接する数筆の土地を1筆の土地にすることをいいます。「ごうひつ」または「がっぴつ」と読みます。

    続きを読む
  8. 境内建物および境内地

    境内建物および境内地とは境内建物とは、宗教法人に固有の建物および工作物のことをいいます。境内地とは、宗教法人に固有の土地をいいます。

    続きを読む
  9. 農地から農地以外への地目の変更登記

    農業委員会への照会農地法4条許可(自己所有の農地を耕作の目的で使いたい場合にする手続き)があったことを証する書面の添付がないときには、農業委員会に対し、農地法4条許可の有無など農地の転用に関する事実について照会します。

    続きを読む
  10. 地目の認定

    土地の地目 牧草栽培地は、畑とする。 海産物を乾燥する場所の区域内に永久的設備と認められる建物がある場合には、その敷地の区域に属する部分だけを宅地とする。 耕作地の区域内にある農具小屋等の敷地は、その建物が永久的設備と認められるものに限り、宅地とする。

    続きを読む
ページ上部へ戻る